足元ボトルで人気のウォーターサーバー徹底比較!

特に女性からの要望が多い、足元でボトル交換が出来るウォーターサーバー。

水の交換作業はウォーターサーバーを使う上で避けては通れない作業です。

 

スタンダードな上部設置タイプは・・

「胸の高さまで12Lのボトルを持ち上げるのが大変そう・・」

「見た目がスッキリしてなくてイヤ!」

 

足元ボトルなら!

「見た目がすっきりしている」

「私でも入れ替えが出来そう!」

 

そういった声から、足元ボトルの需要も高まっています。

このページでは、足元ボトルで人気ウォーターサーバーの比較と、 デメリットは無いのか?そもそも足元ボトルは本当に楽なのか?実際に使った経験談を元に徹底比較してきます。

足元ボトルの人気ウォーターサーバー

機能足元ボトル
フレシャス(スラット)
プレミアムウォーター(cado × PREMIUM WATER)
コスモウォーター(スマートプラス)
コスモウォーターOEMメーカー(楽々スマート)
Kirara -キララ-
フレシャス(デュオ)
うるのん(グランデ)
アルピナ(エコサーバー)
プレミアムウォーター(amadana)
プレミアムウォーター(スリムサーバーⅢ)
クリクラ(エコサーバー)
クリクラミオ
アクアクララ(アクアアドバンス)

※コスモウォーターから本体供給されているメーカー[BULEウォーター・恵ウォーター・オーケンウォーター・ラピロスウォーター・ドリームウォーター・ネイフィールウォーター

こうして見ると、足元ボトルのウォーターサーバーは種類が少ない事がわかります。

見た目がスタイリッシュで、入れ替えが楽々なのにスタンダードではない!?

その理由として考えられるのが足元ボトルサーバーのデメリットです。

足元ボトルのウォーターサーバー デメリット

  • 音がうるさい
  • 電気が無いと動かない
  • 水の残量が確認しずらい
  • メーカーメンテナンスを実施しているメーカーは採用していない
  • 入れ替え時に注意
稼働音

 

よく言われているのが、足元ボトルはモーターで水を汲み上げる必要があり、稼働音がうるさく感じる事。

これは、確かにありますね・・特に古い機種の場合はストレスを感じる可能性があります。

テレビを見ている時などに汲み上げが始まると、気になってしょうがないなんて事も・・

 

電気が無いと動かない

足元ボトルに限らず電力を使って給水させるタイプのサーバーの場合、停電時に利用できなくなる欠点があります。

しかし、今は停電になるケースも稀ですし復旧も早いので、個人的にはそこまで神経質になる必要はないかと。

万が一の場合に備え、ペットボトルの非常用水を少しだけ準備すれば問題ないと思います。

水の残量が確認しずらい

 

使ってみて分かりましたが、見た目がスタイリッシュであるが故に水が少なくなっている事に気づきにくいという欠点があると感じました。

しかし、慣れればそれ程困るデメリットではありません。

メーカーメンテナンス

 

天然水のウォーターサーバーの多くはメンテナンスフリー(メンテナンスの必要が無い)とされていますが、長期間利用した場合でも衛生状況が保たれ続けるとは思えません。

足元ボトルサーバーの場合、水を下からくみ上げてタンクまで運びます。

その過程で外気に触れる可能性も考えられますし、タンク内に永久に雑菌が入らないとは言い切れません。

その為、長期利用の場合は、独自の判断でサーバー交換を希望した方が良いと感じました。

入れ替え時の体勢

足元ボトルサーバーでの水の入れ替えは、上部にボトルを持ち上げる必要のないメリットがあります。

しかし、下に設置されているトレー部分に差し込み口を入れる動作がスムーズにいかない場合、中腰や前かがみになりがち。

これらの体勢は腰に最も負担が掛かる状態なので、注意が必要です。

おすすめの足元 ボトルウォーターサーバー

色々と足元ボトルの悪い面をクローズアップしました。

しかし、最近ではこれらのデメリットを改善した新型ウォーターサーバーが登場しています。

(メーカーメンテナンス・電気が無いと動かないの問題を克服しているサーバーは現状ありません。)

コスモウォーターの新型がついに登場!

2017年3月から、従来の楽々スマートの後継機として「スマートプラス」が登場!

10月にはグッドデザイン賞も受賞し、勢いを付けた新型サーバーです。

元々好評だった取りだし可能なバスケットタイプの入れ替えはそのまま採用。

デメリットの克服としては、騒音レベルを当社比30%ダウン&チャイルドロックの強化がされました。

デザイン機能おすすめ度料金(24L)
4,104円

 

コスモウォーター公式HPはこちら>>

 

フレシャスの足元ボトルサーバー Slat

今まではコスモウォーターの独壇場だった足元ボトルスタイルですが、デザイン性で人気のフレシャスも採用。

入れ替えの負担を少なくする9.3Lの弱軽量ボトルとデザイン・機能性に優れた最高品質ウォーターサーバーです。

タンク内の衛生状態を保つ機能を全自動で行ってくれる点は安心感があります!

実際に使ってみて、騒音は足元ボトルのウォーターサーバーの中ではカナリ優秀であると感じました。

そして、フレシャスのデザイン面の強さは他社を圧倒していると感じました。

デザイン機能おすすめ度料金(18.6L)
3,902円

 

フレシャスウォーター公式HPはこちら>>

 

足元ボトルのまとめ

 足元ボトルのウォーターサーバーについては、まだまだ改善の余地があると個人的に感じているので、少し辛口な意見になってしまいましたが、新型のウォーターサーバーを選択する事で満足度の高い物を選択できると思います。

また、私も愛用している「アクアクララ」では毎月会員専用通信が届くのですが、その中で「アクアクララが足元ボトルを採用しない理由」とその弱点を克服する次世代サーバーを開発中である事が記事として掲載されていました。

アクアクララを贔屓するわけではありませんが、個人的には期待が高まっています。

ウォーターサーバーは見た目も重要な選ぶポイントになると思いますが、長く使い続ける上では小さなストレスの積み重ねが解約の原因になりがち・・

選択の際には、良い面ばかりでは無く、デメリットを十分に理解する事が重要になります。

 

ウォーターサーバーおすすめランキング

人気ウォーターサーバーメーカー10社から、11台を実際に契約し使い続け特徴を体験談として掲載。
本当におすすめのウォーターサーバーBest3を紹介!