RO水って何ですか?|おすすめウォーターサーバーQ&A

RO水って何なの?

RO水とは

  • 地下水や水道水など、食品衛生法に適合した水を原水として使用
  • 原水をRO膜(逆浸透膜)という0.0001ミクロンの膜に通してろ過し、純水(不純物を含まない水)に処理した水。
  • メーカーによっては、後からミネラル成分を配合し、おいしさのバランスを取っている。

つまり

天然水自然の湧き水に最低限の処理を行った水に対して

 

RO水は衛生上問題の無い原水から不純物を完全に取り除いた水という事になります。

 

じゃあ、RO水は水道水を使って作ってる可能性がある!?

と不信感を持つ方もいるでしょう。

RO水と原水

極端な話、RO膜(逆浸透膜)のフィルターは、ワイン牛乳・醤油なども真水に変えてしまう程の凄いフィルターなので、実際は原水がどうこうというのはあまり意味がありません。

また、RO膜で処理した水は、放射性ヨウ素をも除去できる唯一の手段としても注目を集めています。

天然水の方がRO水よりも美味しいのか?

私自身、何社もの天然水ウォーターサーバーを契約し、RO水もミネラル成分を含ませた物・純粋なピュアウォーターと飲み比べを繰り返してきましたが、ハッキリ言って判別は難しいと感じています。

特に、後からミネラル成分を配合させたRO水は、天然水と比較して判別するのは不可能じゃないかと思うほどです。

しかし、飲み比べてみると確かに美味しいと思える水と、そうでも無い水は出てきます。

その違いは、恐らく一番影響力が強いのが水温で、後はミネラルバランスと硬度の好みであると思います。

じゃあRO水の方が良いの?

個人的には、水の味は正直どちらでも大した違いは感じません。

ただ、イメージとして天然水の方が良い印象を受ける方が多いのは事実。

結局、どちらがおすすめかと言うと、個人的にはRO水の方が値段が安い分お得だと思います。

が、天然水のメーカーの場合オシャレなデザインのサーバーを出しているケースも多いので、コストと好みのバランスで決めるのが良いでしょう。

実際に天然水とRO水を飲み比べてみました

天然水とRO水、実際にどっちが美味しいのか?

調べる為に、天然水の美味しいさで定評のあるメーカーと、ROで人気のメーカーで飲み比べたいと思います。

今回は、より違いが明確に出る可能性の高い、後からミネラル成分を入れないRO水メーカーで実験しました。

※公式HPに掲載されている成分比較

成分天然水P社RO水A社
ナトリウム6.8mg0.6mg
カルシウム6.4mg0.2mg
マグネシウム2.2mg0.1mg
カリウム1.2mg0.1mg
硬度25mg1.05mg

 

では、早速飲み比べをしたいと思います。

今回は、私一人の感想では当てにならない可能性があるので、友人のS君にも参加してもらいました。

最初にS君にA社のRO水を飲んでもらいました。

S君:「あ..美味しい、こっちが天然水だね」

いやいや・・まだ片方しか飲んでないから!

続いて天然水を飲んでもらいます。

S君:「あ~こっちの方が美味しいや」

私「何が違うの?」

S君:「何となくだけど、こっちの方が飲みやすい気がする」

私「そっちの方が値段が高い水だよ」

S君「やっぱり!」

私も飲んで見ましたが、確かにP社の天然水の方が美味しいかな~と思いました・・

しかし!

コップをシャッフル!!

どっちがどっちだか分からない状態にすると・・

Sさん「さっきはハッキリと違いを感じたけど分かんなくなったわ~」

そこで天の声(家族)「常温で飲んでみたら?」

なるほど!長時間放置して常温で飲んで見ると・・

S君「こっちの方が飲んだ感じが柔らかく感じて美味しい」(天然水)

私「常温で飲むと違いが全然違うのが分かるね」

結論 天然水とRO水美味しいのは?

最初は天然水の方が美味しいと感じたけど、シャッフルしたら分からなくなって、常温で飲んだら天然水の方が美味しく感じた。

 

つまり、ミネラル成分の含まれないRO水と天然水を比較した場合、天然水の方が美味しく感じるのだけど、水温が低い場合はどちらも美味しく感じられるので比較が難しくなる。

という結果でした。(あくまで個人の感想です)

ウォーターサーバーおすすめランキング

人気ウォーターサーバーメーカー10社から、11台を実際に契約し使い続け特徴を体験談として掲載。
本当におすすめのウォーターサーバーBest3を紹介!