最新サーバーAQUA FAB(アクアファブ)体験談はこちら

フレシャスSlatとアクアクララAQUA FABおすすめはどっち?

高いデザイン性と機能性に恵まれたフレシャスSlatと、最新ウォーターサーバーであるアクアクララのアクアファブ。

これからウォーターサーバー導入を検討している方は、どっちが良いのか?悩ましい選択になるかと思います。

そこで今回は、「フレシャスSlat」と「アクアクララのアクアファブ」の両方を愛用している立場から、どっちがおすすめか?を徹底比較!

利用者だから分かる視点から、ズバッと違いをまとめていきます。

スラットとアクアファブの料金比較

料金比較アクアファブ(アクアクララ)Slat(フレシャス)
サーバーレンタル料金1,500円(2年割の場合-200円)月額900円(前の月3ケース以上の利用で無料)
水の料金1,200円+税(12L)3,013円+税(18.6L)

アクアクララとフレシャスでは、RO水と天然水での違いがあるので、どうしてもコスパで見るとアクアクララが有利になります。

フレシャスの天然水は、富士山の天然水に最低限の処理を加えた自然の風味を大切にした最高品質の天然水。

アクアクララのRO水は、飲料水としての基準をクリアした水を、凄まじいろ過能力のフィルターで純水にした後、ミネラル成分を加えたデザインウォーター。

飲み比べをした場合、個人的には違いを判断するのは難しいと感じていますが、人によっては天然水の方が美味しいという意見もあるので、好みの問題になると思います。

フレシャスSlatの料金

フレシャスSlat
18.6L3,913円
37.2L6,926円
55.8L9,039円
74.4L12,052円

フレシャスSlatの場合、前月の利用数が3ケース(55.8L)未満の場合、サーバーレンタル料金900円が発生するハイエンドサーバーとなるので、他の天然水と比較しても料金が少し高めになる特徴があります。

しかし、フレシャスはデザインや機能面では抜群の特徴を持っているので、オシャレで高品質の物を選びたい方に圧倒的な支持を得ています。

アクアクララ アクアファブの料金、

アクアクララ AQUA Fab
24L3,900円
36L5,100円
48L6,300円
60L7,500円
72L8,700円

アクアクララの場合、他社RO水メーカーと比較した場合は少し高めの料金設定になります。

しかし、RO水のサーバーの中でもオシャレなデザインを提供するメーカーが少ないので、コスパだけでは無いバランスの良さから高い人気を得ています。

1L当たりに換算した場合の料金比較

フレシャスSlatとアクアクララでは、ボトル1本当たりの容量に違いがあるので、そのままでは料金比較が分かりずらいと言えます。

そこで、12L当たりの料金に計算し直して比較の為だけの料金表を確認してみます。

水の量アクアクララフレシャス
24L3,900円4,785円
36L5,100円6,728円
48L6,300円8,671円
60L7,500円9,716円

コスパの面ではアクアファブ

機能比較フレシャススラットVSアクアファブ

フレシャスSlatは、デザイン性&多機能が売りとなるハイエンドウォーターサーバー。

シンプル路線のアクアファブと機能面では何が違うのでしょうか?

機能比較フレシャスSlatアクアファブ
再加熱
常温水
節電機能最大約70%常時20%
ボトル位置足元上部
給水方式ボタンレバー

機能的な特徴の多いフレシャスSlatには、選べる温度帯と節電機能に優れたメリットがあります。

冷たすぎる水ではなく、常温を使いたい時に活躍する常温水機能や、熱々のお湯を利用できる再加熱機能を備えています。

また、部屋の明るさを自動感知し、使っていない時間の温水機能をオフにする事で最大70%の節電が可能になります。(節電モードにすると部屋が暗い時はお湯が温くなる点がデメリット)

全てが簡単なボタン操作で簡単に行えるので、スタイリッシュに利用できる点が特徴です。

アクアファブの機能面は、シンプルな使い勝手が特徴なので、レバーを倒して冷水・温水を出す以外の操作はありません。

機能が必要なのか?が選択のポイント

多機能のフレシャスSlatと、シンプル操作のアクアファブ。

ポイントとなるのは、Slatの機能が生活の中で必要なのか?が焦点になります。

再加熱機能は、カップラーメンや熱いお茶を利用する際に活躍する機能です。(90℃くらいまで上がりました)

が、再加熱にかかる時間はボタンを押してから3~4分の時間を必要とするので、待てない方は使わなくなる可能性もある点がデメリットとなります。

常温水・再加熱・明るさ感知の節電機能、これらに魅力を感じるかがポイントになると言えます。

機能性ではフレシャスSlat

使ってみて分かったデメリット比較

アクアファブのデメリット

アクアファブのデメリットは、温水を出す際のチャイルドロックの解除にクセがある事ですね。

小さいお子さんが居る家庭の場合安心な機能ですが、お湯を使う機会が多い時は、少し面倒に感じるかもしれません。

そして、アクアクララはリサイクルボトルなので、空容器を保管すべき点がデメリットになる場合があります。

玄関の外に出して置ける家庭なら問題はありませんが、アパートやマンション住まいで外に容器を出したくない方の場合はデメリットとなります。

アクアクララのウォーターボトルは注文しない限り届かない「その都度注文」なので、在庫が少なくなった時点で注文する事を忘れないように気を付けましょう。

フレシャスSlatのデメリット

フレシャスSlatのデメリットは、給水ボタンが結構固いので、押す時に多少の力が必要。

また、給水口が一つなので、ボタンを押してから水が出るまで数秒のタイムラグがある点。

足元ボトルのウォーターサーバーなので、汲み上げ音が多少気になる点がデメリットだと感じました。

また、フレシャスは決まった数量が自動配送される定期配送のシステムなので、休止と追加で在庫を調節する点に注意が必要です。

【まとめ】フレシャススラットVSアクアクララ アクアファブ

どちらも最新のデザイン性に優れたウォーターサーバーではありますが、コスパや機能面で比較する事で違いがハッキリと分かりました。

デザイン&コスパ重視の方はアクアファブ

デザイン&コスパ重視の方はアクアファブ

 

デザイン&機能性重視の方はフレシャスSlat

デザイン&機能性重視の方はフレシャスSlat

どちらを選んだとしても、口コミ評価や人気の高いウォーターサーバーなので後悔する可能性の低い、素晴らしい特徴を持っています。

コスパと機能性のどちらを重視するのか?で最適な選択になる事でしょう。